2006年08月09日

新開発アナログパワーアンプ搭載、ソニーAVアンプ「TA-DA3200ES」

新開発アナログパワーアンプ搭載、ソニーAVアンプ「TA-DA3200ES」

ソニーは新開発のアナログパワーアンプを搭載した7.1chマルチチャンネルAVアンプ「TA-DA3200ES」を11月21日より販売開始すると発表しました。価格は9万9750円になる予定です。。

 新製品の型番は「TA-DA9100ES」。新開発した「広帯域アナログパワーアンプ」を搭載して、開発の際に得られたアナログパワーアンプとデジタルパワーアンプの違いを製品にフィードバック。高域の濁りや中域のフォーカス不足、低域の遅れといったアナログパワーアンプの欠点を改善したという。

 定格出力はフロント120ワット×2、センター120ワット、サラウンド120ワット×2、サラウンドバック120ワット×2。S/N比は96デシベル。全チャンネルに192kHz/24bit DAコンバータを搭載する。

 インタフェースとして1080p/1125pの映像信号とリニアPCM(192kHz 24bit)/7.1チャンネルの音声信号が再生可能なHDMIを入力2系統、出力1系統を装備。そのほかにも、S映像入力4系統/出力1系統、コンポーネント映像入出力を入力3系統/出力1系統、デジタル音声入力:光5系統/同軸3系統、光出力1系統などを装備。HDMIからデジタル音声だけを抜きだして再生することも可能なほか、ビデオアップ/ダウンコンバータも備える。

 TA-DA9100ESにも搭載されている自動音場補正機能「D.C.A.C.」も引き続き搭載。この機能を利用すれば、各スピーカー有無判定、各チャンネルの距離、音量バランスが自動で設定できる。セッティングはもちろん保存可能で、利用時には4つのパターンからの好みのものを選べる。

 また、センタースピーカー/サブウーファーの有無に関わらず、全チャンネルDA変換を常に同様に処理し、ミキシングする「アナログダウンミックス機能」を搭載しており、センタースピーカー/サブウーファーがない場合でも密度の高い音を再現する。そのほか、最大300ミリ秒までに対応したリップシンク機能なども備える。サイズは430(幅)×175(高さ)×430(厚さ)ミリ、約15.5キロ。
posted by spider at 16:34| Comment(25) | TrackBack(4) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

Yahooの検索アルゴリズムの大改革

2006年4月中旬、Yahoo!の検索アルゴリズムの大々的な改革が行われました。

 今までも2004年に一度大きな変更があって以来、ちょくちょく変更というか、スパム対策の強化が行われてき増したが、今回の変更はとても多くの部分に影響を及ぼしています。

 今まで、SEO(サーチエンジン最適化)を過剰に施したページが上位表示され、必ずしも内容のある、有益なページが上位表示されていない場合がありましたが、Yahoo!がこの問題を解決し、より利用者にとって有益な情報を提供できるように行われた変更ですが、今回の変更は大々的なものだったと推測されます。

 ただ、カテゴリーの登録以外はすべてロボットと呼ばれるプログラムが行っており、人間による内容の確認はしていません。それゆえ、有益で善良なサイトであっても製作者の癖などによって大幅に掲載順位を落としてしまっているサイトもあるのです。

 このサイトのように営利目的ではないページの場合、ちょっと(かなり?)悔しいという程度で済みますが、ネットでの売上が6〜7割という会社も珍しくない昨今、商業目的のサイトなら、場合によっては死活問題です。

 まずは何がスパムと認識されたかを突き止めることが必要ですが、はっきり言って、よほど精通した人じゃない限り、分かりません。 中には何もしなくても(サイトのコンテンツの充実には時間をしていらっしゃると思いますが)順位が上がって喜んでいる方もいると思いますが、本当に困っている人も多いと思います。

 私も知人に相談され、色々調べてこの資料を買いました。

知らなかったじゃすまされない!たった3日でできる1キーワードでYahoo!上位表示のための極秘SEO対策




 確かに、的確に指摘してあり、知人のサイトも1週間ほどしてから徐々に順位をもどしてきて、今では以前とほぼ同じレベルまで戻すことができ、安堵しています。被と増す、一件落着でした。

このサイトですね
知らなかったじゃすまされない!たった3日でできる1キーワードでYahoo!上位表示のための極秘SEO対策
posted by spider at 01:18| Comment(1) | TrackBack(0) | Web作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

アマゾン、映像配信事業に参入

アマゾン、映像配信事業に参入へ--消息筋が認める

 消息筋の話によると、Amazonは、8月からテレビ番組の全編や長編映画をウェブ経由で配信する新サービス「Amazon Digital Video」を開始するという。

 デジタル音楽配信分野を独走するAppleに対抗して、Amazonが同社のサイト上でビデオのダウンロード提供を始め、追随する形である。

 同消息筋は、米国時間7月23日付の「Advertising Age」で報じられた今回のニュースの信憑性を認めた。業界新聞であるAdvertising Ageでは、シアトルに本拠を置くAmazonが2種類のダウンロード方法を用意していると記されていた。1つ目の方法は、1視聴ごともしくは1作品ごとに料金を徴収するタイプのサービスで、もう1つが一定期間中のビデオ視聴に定額料金を課すサブスクリプションサービスであるという。

 Amazonの経営陣がダウンロードサービスの構想を練り始めた1年前には、同サイトの核は音楽配信になる予定だった。だが、デジタル音楽配信分野におけるApple のシェアが強大になっため、Amazonはビデオ配信にその焦点を切り替えた。

 Amazonの関係者は、今回の報道に対するコメントの提供を拒否している。

 インターネットを経由した書籍の提供と言えば、かつては真っ先にAmazonの名前が挙がったものだが、現在ではAppleがデジタル音楽のダウンロードサービスで圧倒的なシェアをもっている。いまだに多くの人々がCDを購入して聴く方を好んでいるが、注文したアルバムが郵便で届くのを待つよりも、ウェブ上で楽曲をダウンロードし、すぐに視聴を始めたいと考える人も増え続けている。

 もっとも、映像配信に着手したのはAppleが先だ。同社は2005年10月、「Lost」や「Desperate Housewives」といったテレビ番組の提供を開始し、今ではビデオダウンロード販売数は3500万件におよんでいる。いくつかのメディアによれば、Appleは近々長編映画の提供を始めるための準備に取りかかっているいう。
posted by spider at 14:27| Comment(4) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

ソニーの本気一眼レフ「α100」って? 

コニカミノルタα DIGITALをうけついだソニー「α100」だが、外観はコニカミノルタのα DIGITALシリーズそのものだ。デザインにも秀でているソニーが舗カメラメーカーの技術をそっくり呑み込んだので、とんでもないものが出来るのではと期待していたが、とりあえず第一弾はコニミノと踏襲した形である。コニミノファンは嬉だろう。

レンズマウントはαマウント。旧ミノルタを踏襲している。これによって旧ミノルタユーザーはカールツァイスレンズを使えることになる。今回、「バリオゾナーT* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA」「プラナーT* 85mm F1.4 ZA」「ゾナーT* 135mm F1.8 ZA」の3種類のツァイスレンズが発表された。ソニーはコンパクトデジタルカメラにツァイスレンズを採用してきたが、同じツァイスレンズでも「T*」(ティースター)の有無でまったく別物である。今回は初のデジタル一眼レフ用T*レンズの登場となったわけで、マニアでなくても楽しみではある。

CCDシフト方式手ブレ補正機能も引き継がれた。ボディー内にこの機構を備えるため、すべてのレンズで手ブレ補正が使える。コニカミノルタのαシリーズに搭載されていたものをブラッシュアップした。

CCDは有効画素数1020万画素、23.6×15.8mmと、大幅にUPした。ニコンD200に使われているCCDに近いと考えられる。ただしD200は4チャンネル同時読み出しで高速化を図っているが、α100は2チャンネルとのこと。

うれしい機能では、ゴミを振り落とす「アンチダスト駆動」を自動的に行っている。しかし超音波でCCDを振動させるオリンパス方式とは異なり、揺り動かすことよりもCCD表面のコーティングを重視し、静電気を防止することでゴミが付きづらくした。

ソニーのα100ホームページには、「誰もがいい写真を撮れること」と書かれている。コニカミノルタのSweetをベースにしながら、尖がった部分をほどよく丸め、使いやすいカメラに仕上げている。初めて一眼レフを使うユーザーだとしても、フレームを決めてシャッターを押し、画像を確認するという撮影の流れにとまどうことはないだろう。

SONYDrive α100
http://www.sony.jp/products/di-world/alpha/
posted by spider at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

MacintoshでWindows XPが起動できるツール「Boot Camp(ブートキャンプ)」

アップルコンピュータ株式会社は、Intel CPU搭載のMacintoshでWindows XPが起動できる「Boot Camp(ブートキャンプ)」を公開した。

 Boot CampとWindows XPのインストールディスクがあれば、Intel MacにWindows XPをインストールすることができる。インストールした後は、Mac OS XとWindows XPが共存でき、起動時に使用するOSを選択できる。

 インストールはIntel CPU搭載のMacintosh3機種のほか、Mac OS X Tiger v10.4.6や、ファームウェア、10GB程度の空きディスク容量などが必要。Windows XPのHome EditonとProfessionalのSP2に対応する。

 設定ガイドのトラブルシューティングページによれば、iSightやApple Remote、Apple USBモデム、MacBook Proのキーボードバックライトなど、いくつかサポートされていないハードウェアはあるものの、大きな問題はあまりないようだ。

 Boot Campの機能は、8月に開催される開発者向けイベントWDCで公開予定の次期Mac OS X「Leopard(レパード)」にも組み込まれる。

 フィリップ・シラー氏は、「アップルは、Windowsを販売またはサポートすることについての計画も意向も持っていませんが、MacがIntelのプロセッサを使うようになったことで、多くのお客様がWindowsをアップルの優れたハードウェアで使うことに関心を示されています。Boot Campは、Macへの乗り換えを考えているWindowsユーザに対して、Macをより魅力的にするものであると、私たちは考えています」と述べている。

□ニュースリリース(和文)
http://www.apple.com/jp/news/2006/apr/05bootcamp.html

□bootcampダウンロードページ
http://www.apple.com/macosx/bootcamp/

□ファームウェアアップデートダウンロードページ
http://images.apple.com/support/downloads/
posted by spider at 17:23| Comment(3) | TrackBack(1) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

フリーのウェブサイトテンプレート集「TemplatesBox.com」

とてもハイクオリティなデザインのテンプレート集。総数は200デザイン程度。
通常のウェブサイトだけでなく、Flashサイトのテンプレートやロゴマークのテンプレート、バナーやボタンまで置いてあります。これらがすべてフリーというのが驚き。


TemplatesBox.com
http://www.templatesbox.com/

ウェブサイト用テンプレートは利用したPSDファイルやフォントも同梱されており、DreamweaverかFrontpageで編集しやすいようにできています。

ウェブサイト用テンプレートあれこれ
http://www.templatesbox.com/templates.htm

ロゴデザインのテンプレートはPSDファイルとフォントファイルが同梱されています。親切。

ロゴデザインのテンプレート
http://www.templatesbox.com/free-logo-templates/index.htm

ウェブサイト用バナーのテンプレート
http://www.templatesbox.com/free-banner-templates/index.htm

矢印画像のテンプレート
http://www.templatesbox.com/free-arrows/index.htm

ニュースレターのテンプレート
http://www.templatesbox.com/free-newsletter-templates/index.htm
posted by spider at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Web作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。